連れが居たらなかなか行けない山口県の絶景スポット

日本国内には景勝地や温泉地など多くありますから多様な国内旅行を楽しめます。
どの都道府県にも観光名所があるものです。

本州の最西端に位置する山口県も例外ではありません。
一般的知られている観光名所としましては、まず、萩や秋吉台が挙げられます。角島大橋も美しい海を快適に渡れる国内でも人気の高い景勝地となっています。
このようなところは、国内旅行のガイドブックなどでも必ず取り上げられているので平均的な山口旅行では必ず行くことになります。
一人旅で訪れることがあれば、敢えて観光客が少ない場所も良いものです。

山口旅行では、空の玄関として利用されているのが宇部市にある宇部空港です。
瀬戸内海に面した空港で駐車場が無料で使用できることでも知られています。
宇部市は観光地としてのイメージはありませんが、せっかく宇部空港で降りたのなら、空港からも近いので、「ときわ公園」に立ち寄ってみるといいです。

広々とした公園には、野外彫刻が点在していて中々アート感があります。動物園も併設され思った以上に楽しめます。
公園の中心にあるときわ湖は野鳥も観察できる絶景スポットです。
また、宇部のかまぼこは、一般的にはあまり認知度が高くはありませんが、知る人ぞ知る逸品です。
こちらも賞味してみる価値があります。

一人だったらこんな思いつきの行動で新しい山口を発見できます。