高知の偉人に手をあわせる旅

歴史が好きな人が日本国内各地にある歴史探訪の旅に行きたいと思うこともあるでしょう。
その中でも江戸時代末期、幕末の時代の歴史の詰まった場所「高知」へ偉人達に思いを馳せに、手を合わせに旅行に出かけるのはいかがでしょうか。

高知へは飛行機、JR、自動車さまざまな方法で日本国内津々浦々から旅行に出かけることができます。
高知の英雄と言えば「坂本龍馬」を思い出す人も多いでしょう。国内でも有数の偉人と言えます。

その坂本龍馬の銅像がある「桂浜」へ出かけてみましょう。
ここでは雄大な太平洋を眺める龍馬の銅像を見ながら、当時どのようなことを考えていたのだろうか、どのような日本にしようと考えていたのだろうか、と思いを馳せることができます。
桂浜には「坂本龍馬記念館」もあるので、歴史について深く学ぶこともできます。

そして、高知市から東の方には、坂本龍馬と共に京都の近江屋で命を落とした「中岡慎太郎」の生まれた場所である「北川村」があります。
彼も国内では偉人として知られています。高知に行ったのならここへも旅行してみましょう。

北川村には慎太郎の一族の墓と共に慎太郎の遺髪塔もあるので、手を合わせることができます。
また、資料館や生家も復元されているので、歴史旅行に出かけることが好きな人にははずせないスポットの一つです。
その他にも武市半平太の墓、岡田以蔵の墓などをはじめ、歴史にまつわる場所が高知にはたくさんあります。