香川といえばやっぱり「うどん」

香川と言えば何を思い浮かべますか?

そのような質問に関してほとんどの方はうどんと言われると思います。
香川は国内ではうどんの産地として有名で国内旅行のツアーが組まれる場合があります。
特に香川県の中部に位置している中讃地方や西部に位置している西讃地方ではありとあらゆる場所にうどん屋さんがあります。

このように香川は国内でも有数のうどん屋さんの旅行プランが組まれる地域でもあり、国内だけでなく国外からも旅行客が訪れる場所でもあります。
讃岐のうどん屋さんの特徴ですが、セルフサービスとなっています。
しかも注文したら自分ておかずを選択していくスタイルであるので、初めて旅行客として訪れた人は迷う可能性もあります。
しかしそのよう場合には店員に伝えれば丁寧に教えてもらうことも可能ですし、店員が忙しい場合には地元の客に質問すれば丁寧に教えてもらえる場合がほとんどです。
価格もリーズナブルで500円も出せばお腹いっぱいになります。

うどんの種類も様々で特に醤油と天かすのみで食べるぶっかけうどんは観光客だけでなく地元のうどん通の人達からも大人気の一品です。
サイドメニューも充実しており、その中でも天ぷらやおでんも人気があります。